アトピーとシャボン玉石鹸

シャボン玉石けんのアトピーへの効果と使い方について!

シャボン玉石けんのアトピーへの効果と使い方について!

 

 

シャボン玉石けん株式会社が製造販売しているシャボン玉石けんは香料、着色料などが一切含まれていない無添加石鹸です。薬局やドラッグストアでも売られており、値段は100g140円とされています。

 

 

またシャボン玉石けんは低刺激でさらに高い保湿力、またシャボン玉石けん特有の成分によってアトピーに治すのに効果的な石鹸とされています。

 

 

シャボン玉石けんを1週間使用しただけでも、アトピーによるカサカサがほとんどなくなったという声が上がっています。

 

 

ここではシャボン玉石けんのアトピーへの効果と使い方についてお伝えします。

 

 

シャボン玉石けんのアトピーへの効果

 

 

シャボン玉石けんはアトピーに効果的なのはグリセリンと牛脂が配合されているからです。それぞれがどのようにアトピーに対して効くのか解説したいと思います。

 

 

①グリセリン

 

 

シャボン玉せっけんにはグリセリンという成分が含まれています。

 

 

これはシャボン玉せっけんの原料であるパーム核油という天然の食物性油から抽出された成分です。

 

 

グリセリンは高い保湿作用があるためアトピーの原因とされる乾燥を改善させる働きがあります。

 

 

また他の石鹸に含まれるグリセリンは添加物によるものがほとんどですがシャボン玉石けんは天然由来なので肌を刺激することなく効いていきます。

 

 

②牛脂

 

 

またシャボン玉石けんには牛脂がつかわれており、こちらも保湿作用があります。

 

 

牛脂は肌に浸透することによって皮脂と似た役割をしますので皮脂の分泌が足りないアトピー肌に対して高い効果があります。

 

 

また毛穴に牛脂が溶け込むことで膜が張られ、バリア機能を促すことで外部の刺激から守る役割があります。

 

 

こちらもパーム核同様に天然の牛脂を九州から取り寄せており、天然成分ですのでアトピーに対しても全く刺激はありません。

 

 

以上のようにシャボン玉石けんはアトピーに対して非常に高い効果が得られるとされています。

 

 

シャボン玉石けんのアトピーへの効き目

 

 

シャボン玉石けんをアトピーに使用した場合には

 

 

多くの場合1~2週間で肌の乾燥が治まり、アトピー特有の粉吹きや肌のひびわれがなくなっていきます。

 

 

ただシャボン玉石けんには抗炎症作用はありませんからアトピーの赤みなどを鎮静させる効果はないので注意してください。

 

 

シャボン玉せっけんと合わせて、抗炎症作用のある化粧水などを使用することで、完治させることができます。

 

 

シャボン玉石けんの副作用について

 

 

基本的にシャボン玉石けんには薬用成分や添加物は含まれていないので、副作用などは起きないので安心してください。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかぶれ、発疹、かゆみなどの症状が起こってしまう場合があります。

 

 

もし異常を感じた場合には水で洗い流してシャボン玉石けんの使用は控えるようにしてください。

 

 

シャボン玉石けんのアトピーへの使い方について

 

 

シャボン玉石けんのアトピーへの使い方ですが

 

①シャボン玉石鹸は基本的に1日2回朝と夜の洗顔料として使用します。

 

 

②泡立てネットで泡立てることで肌に浸透しやすくなりますのでよく泡立て、顔全体にやさしく包むように使います。

 

 

③また体にも使用できるので1日1回入浴中に使うことで体のアトピーに対しても効果が得られます。

 

 

④アトピーに対しては最低でも2週間は使用するようにしましょう。それでも効果がなければ使用は控えるようにしましょう。

 

以上がシャボン玉石けんのアトピーへの効果と使い方です。アトピーが改善された後も使用し続けることができます。

 

 

シャボン玉石けんは天然成分で刺激を与えることなくアトピーを改善させ、非常に効果が高いのに低価格ですのでとてもおすすめです。

 

 

ということでシャボン玉石けんのアトピーへの効果と使い方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ