サンホワイトとアトピー

サンホワイトのアトピーへの効果と使い方について!

サンホワイトのアトピーへの効果と使い方について!

 

 

 

サンホワイトは日興リカ株式会社が製造している保湿クリームです。
乾燥肌、手荒れ、ひび割れそして赤ちゃんのスキンケアにも使えます。

 

 

そしてこのサンホワイトはアトピーに対しても効果的です。
皮膚科で処方されるアトピーの塗り薬と同じ効果が得られるとされます。

 

 

ここではサンホワイトのアトピーへの効果と副作用、
そして使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

サンホワイトのアトピーへの効果

 

 

サンホワイトには白色ワセリンという成分が配合されており
皮膚科でも『白色ワセリン』というそのままの名前の薬が処方されます。

 

 

 

会社:健栄製薬

 

値段:1685円(500g)

 

成分:白色ワセリン

 

 

サンホワイトは市販の保湿クリームの中でも100%白色ワセリンが
配合されており、皮膚科で処方される薬と同じと言えます。

 

 

この白色ワセリンというのは肌に塗布することで、皮膚の表面に
膜を張ることによって、水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。

 

 

これによって肌の乾燥を防ぎ肌の保湿効果を得ることができるのです。

 

 

また白色ワセリンは皮膚のバリアとなる役目も持っており、
抗菌作用や外部からの刺激から守ってくれます。

 

 

以上のようにサンホワイトは肌の保湿とバリア機能の向上でアトピー肌そのものを改善させます。

 

 

ただし注意点があり、サンホワイトを塗ると毛穴が
塞がれてしまい、汗が出なくなってしまうというとデメリットがあります。

 

 

汗は肌の保湿させる働きにもなるのでアトピーには有効なのです。
ですので汗が出やすい季節や運動前などは塗らないようにしましょう。

 

 

※汗をかくとアトピーの炎症が悪化すると思っている方が多数いらっしゃるのですが、
それは運動などによって毛細血管が拡張して一時的に赤くなっているだけです。

 

 

ですのでアトピーを治すためにはしっかりと汗を流すようにしましょう。

 

 

サンホワイトはどれくらいで効く?

 

 

サンホワイトをどれくらい使用することでアトピーに効くのかというと、

 

 

・肌の保湿は塗った直後に感じられます。
2~3日使用することで肌質がしっとりとするのも感じられます。

 

 

・そして塗り続けることによってバリア機能が高まり、2週間でバリア機能が高まります。
約1か月後にはターンオーバーが促されアトピー自体も改善され始めます。

 

 

サンホワイトの副作用

 

 

サンホワイトに含まれる白色ワセリンは保湿成分なので
副作用が起こる心配というのはほとんどありません。

 

 

ただし稀にですが、皮膚の発疹、発赤、かゆみの副作用が起こる可能性があります。

 

 

もしこれらの症状が起きた場合にはサンホワイトの使用は控えるようにしましょう。
ただし報告例というのは数えるだけですので、そこまで心配はいりません。

 

 

サンホワイトのアトピーへの使い方について

 

 

サンホワイトをアトピーに使う場合ですが、

 

 

①1日2回洗顔をして、化粧水をつけた後に塗っていきます。
※化粧水を使っていない人は洗顔後に塗りましょう。

 

 

②あまり塗りすぎると毛穴を完全に塞いでしまうので、
ほんの少量を手にとって、薄くなじませるように塗るようにしていきましょう。

 

 

③薬を使用している方はサンホワイトを塗った後に使用してください。

 

 

④また運動前などや汗をかきそうな日は塗らないようにしましょう。

 

 

⑤最低でも約2週間は塗り続けるようにしていきましょう。
それでも全く効果がなければ使用は控えるようにしましょう。

 

以上がサンホワイトのアトピーへの使い方です。

 

 

サンホワイトは50g1200円と値段もそこまで高くないながらも
純度100%の白色ワセリンを配合しているためかなりおすすめです。

 

 

病院で処方される薬と同じ効果が得られるので是非試しみてはいかがでしょう。
ということでサンホワイトとアトピーについてでした。

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ