アトピーとニベア

ニベアのアトピーへの効果と塗り方について!

ニベアのアトピーへの効果と塗り方について!

 

 

ニベアは花王が製造販売している手荒れや肌の乾燥に対して効果的とされる保湿クリームです。

 

 

中身は白色のクリームでべたつきや匂いはなく非常に使いやすくなっています。そしてこのニベアはアトピーに対しても効果的とされます。

 

 

ここではニベアのアトピーへの効果と塗り方についてお伝えします。

 

 

ニベアのアトピーへの効果

 

 

ニベアがアトピーに効果的とされるのは、アトピーに効く3つの代表的成分、ホホバ油、スクワラン、グリセリンが配合されているからです。

 

 

①ホホバ油

 

 

ホホバ油はアトピーに効果的とよく知られる成分です。

 

 

ホホバ油はホホバという植物から抽出されたオイルのことで保湿効果があり、さらにビタミンB2も含まれています。

 

 

ビタミンB2は肌の血行を促進させることで、新陳代謝を活発にさせることによって、アトピー肌じたいを改善させることができます。

 

 

②スクワラン

 

 

スクワランはサメの肝臓から抽出された成分のことで、殺菌作用と保湿作用を促す作用があります。

 

 

アトピーを悪化させる原因とさせる黄色ブドウ球菌を殺菌させることでアトピーのケロイド化などを防ぎます。

 

 

③グリセリン

 

 

グリセリンは保湿だけでなく、肌を柔らかくする作用があります。

 

 

アトピーの場合にはパリパリと固まったような肌質になるためそれを改善するのにグリセリンは非常に有効です。

 

 

以上のようにニベアはアトピーに対して高い効果が得られます。

 

 

どくれらいでアトピーに効くのか

 

 

ニベアを使用することでどれくらいでアトピーに効くのかというと、

 

 

・肌の保湿は使ってすぐにで感じられます。特に2~3日後には肌を触ると柔らかくなるのは

 

・アトピー肌そのものはビタミンB群が1か月前後で効いて改善されます。

 

・黄色ブドウ球菌の殺菌は2~3週間ほどかかることがあります。ただあまりに悪化しているとニベアでは効かない場合があります。

 

以上のようにニベアはアトピーに対して効いていきます。アトピー用の薬と併用することでより治りが早くなります。

 

 

ニベアのアトピーへの副作用について

 

 

ニベアを使ってもほとんど副作用が起こることはありません。

 

 

ただし肌に合わない場合には肌の刺激感、かゆみ、湿疹、発赤などの副作用が起こる可能性が挙げられますので注意するようにしてください。

 

 

ただしニベアでの報告例はほとんどなく、副作用が起こる心配はないとされるので注意してください。

 

 

ニベアのアトピーへの使い方について

 

 

ニベアをアトピーに使う場合にはニベア青缶を使用しましょう。ニベアの中でも最もベーシックタイプとなっています。

 

 

 

 

ニベア青缶は滑らかな白色のクリームで、肌につけても全く刺激もなく、しっとりとしています。

 

 

①顔のアトピーに使う場合には洗顔をして、化粧水をつけたあとに使っていきますが、化粧水は必ず必要というわけではありません。

 

 

②体のアトピーに対しては1日1~2回、なるべくお風呂上りに塗りましょう。

 

 

③大豆ほどの大きさを手にとり、アトピー部分とその周りをなじませるように塗っていきます。

 

 

④薬を皮膚科で処方されている場合にはニベア青缶を塗った後につけていきましょう。何か違和感を感じた場合には水で洗い流すようにしましょう。

 

 

⑤最低でもニベアはアトピーに対して2週間は使っていきましょう。それでも効果がない場合には使用を控えましょう。

 

以上がニベアのアトピーへの使い方についてです。アトピーが治った後も使い続けても問題ありません。

 

 

保湿クリームとしては成分が豊富にも関わらず169g500円前後で購入できてしまうので非常におすすめです。

 

 

ということでニベアのアトピーへの効果と副作用、塗り方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ