木酢液とアトピー

木酢液のアトピーへの効果と副作用、使い方について!

木酢液のアトピーへの効果と副作用、使い方について!

 

 

 

木酢液は木炭を乾留した際に生じる乾留液のことです。
殺菌作用があり消臭や虫除けなどによく使われます。

 

 

そしてこの木酢液はアトピーに対しても効果があるとされます。
使い方としては、入浴剤としてが一般的がアトピー用の化粧水としても使うことができます。

 

 

ここでは木酢液のアトピーへの効果と副作用、
そして使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

木酢液のアトピーへの効果

 

 

殺菌作用

 

 

木酢液がなぜアトピーに効果的なのかというと
酢酸という成分が配合されております。

 

 

この酢酸には殺菌作用があり、アトピーの悪化の原因とされる
黄色ブドウ球菌を殺菌する作用があります。

 

 

黄色ブドウ球菌が繁殖するとアトピーが跡のようになってしまうので
木酢液によって、それを阻止することができます。

 

 

保湿作用

 

 

また木酢液には200種類以上の天然成分が配合されています。

 

 

特に保湿成分が豊富に含まれており、アトピーの天敵である乾燥を
防ぐことで肌のバリア機能を向上させ、アトピー肌を向上させます。

 

 

またかゆみの原因であるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン成分
含まれているので、アトピーのかゆみを改善する効果もあります。

 

 

以上のように木酢液はアトピーに効いていきます。

 

 

木酢液のアトピーへの効き目

 

 

木酢液がどれくらいで効いてくるのかというと

 

 

保湿作用は使用から数日で感じられます。

 

殺菌作用は酢酸が効いてくるおよそ1~2週間前後になります。

 

かゆみはおよそ4~7日ほどで改善されていきます。

 

 

木酢液は成分が濃いため効き目が強く即効性にも期待できます。

 

 

木酢液のアトピーへの副作用について

 

 

木酢液は成分は濃いのですが刺激作用はほとんどないので
副作用の心配はほとんどありません。

 

 

アトピーに使うと成分が体に合わずに
肌の刺激感や発疹、発赤などの副作用が起こる可能性があります。

 

 

もし使用中にこれらの症状が起きた場合には
木酢液のアトピーへの使用を控えるようにしましょう。

 

 

木酢液のアトピーへの使い方について

 

 

木酢液は入浴剤として使う場合と化粧水として使う場合の
2種類がありますので、それらをお伝えします。

 

 

入浴剤としての使い方

 

 

①浴槽にキャップ2~10杯(約10~50cc)の木酢液を入れていきます。

 

 

②5分間以上はお風呂に浸かります。

 

 

③最低でも2週間は木酢液のお風呂に入るようにしましょう。

 

 

④木酢液のお風呂は洗濯用の水として使うこともできます。
殺菌性が増しているのでおすすめです。

 

 

以上が入浴剤としての木酢液の使い方です。

 

 

香りをかぐだけでもアロマとしての効果も得られ、
普通のお風呂よりも肌の皮脂や雑菌が落ちやすいのでおすすめです。

 

 

化粧水としての使い方

 

 

①ドラッグストアに精製水というものがあるのでそれを購入します。

 

 

②精製水100ccに対してキャップ1杯(5cc)の
木酢液を入れて木酢液の化粧水は完成です。

 

 

③1日2回洗顔後に使っていきます。手のひらにとって
やさしく全体を包むようにつけていきましょう。

 

 

④最低でも2週間は使用するようにしましょう。

 

 

以上が木酢液の化粧水としての使い方でした

 

 

木酢液は豊富な天然成分が配合されているので、アトピーに対しては期待できます。
実際に効果があったという声も多数上がっていますのでおすすめです。

 

 

ということで木酢液とについてアトピーでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ