アトピーと竹酢液

竹酢液のアトピーへの効果と使い方について!

竹酢液のアトピーへの効果と使い方について!

 

 

 

竹酢液は竹炭にする過程で生まれる煙を冷却して、さらに液化させることによってつくられる濃縮液とされます。

 

 

竹酢液には200類以上の成分が含まれることによって肌荒れ、水虫、若はげ、乾燥肌、かゆみなど様々な効果が得られます。

 

 

そして竹酢液は殺菌作用、アトピーに対しても効果的とされています。特に竹酢液を入浴剤として使うことでアトピーに極めて高い効果が得られます。

 

 

ここでは竹酢液のアトピーへの効果と使い方についてお伝えします。

 

 

竹酢液のアトピーへの効果

 

 

竹酢液がアトピーに効果的なのは酢酸、フェノール類、カルボニルなどの抗菌作用や保湿作用が含まれているからです。

 

 

抗菌作用

 

 

特に一番効果的とされるのが、酢酸による殺菌作用で
アトピーの原因である黄色ブドウ球菌を殺菌することが可能です。

 

 

これによって黄色ブドウ球菌によるアトピーの症状、
特にケロイドや膿ができているアトピーを改善させることができます。

 

 

保湿作用

 

 

さらにフェノール類、カルボニルによって保湿作用があり、
アトピーの粉吹きや乾燥肌を改善させる働きがあります。

 

 

またかゆみの原因であるヒスタミンを除去する抗ヒスタミン作用のある
天然成分がアトピーのかゆみを抑える働きがあります。

 

 

このように竹酢液はアトピーに対して効いていくとされます。

 

 

効き目の時間としては

 

・保湿作用は使ってから2、3日後にはほとんどあらわれます。

 

・殺菌作用は1週間ほどで殺菌されていき、
悪化したアトピーの症状が良くなっていきます。

 

・かゆみは抗ヒスタミンが効いてくる4~5日ほどとなります。

 

 

竹酢液の副作用について

 

 

竹酢液は刺激がほとんどありません。
そのため使っていると副作用を起こす可能性も非常に低いです。

 

 

ただしアトピー肌の場合には肌が敏感になっているため
刺激感や炎症などの副作用が起こることがあります。

 

 

もし副作用が起きた場合には使用を控えるようにしましょう。

 

 

竹酢液のアトピーへの使い方について

 

 

竹酢液をアトピーに使う場合には入浴剤か化粧水として使います。

 

入浴剤の場合

 

①浴槽にたまったお湯に竹酢液をキャップ2~10杯(約10~50cc)を入れます。

 

 

②竹酢液の入ったお風呂は洗濯用に使うことができますので安心してください。

 

 

③最低2週間は使用するようにしましょう。

 

 

化粧水の場合

 

①精製水100ccに竹酢液をキャップ1杯(5cc)を入れて化粧水は完成です。

 

 

②1日2回洗顔後に使用します。

 

 

③少量を手にとって顔全体につけるようにします。

 

 

③こちらも最低2週間は試してみましょう。

 

以上が竹酢液の化粧水としてのアトピーへの使い方です。

 

 

竹酢液をアトピーにつかった人の多くが効果あったと報告しています。
試してみる価値は大いにありますので使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ということで竹酢液とアトピーについてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ