アトピーと汗

汗をかくことはアトピーに効果的!?正しい対策は!

汗をかくことはアトピーに効果的!?正しい対策は!

 

 

 

汗をかくことはアトピーに対してあまり良くないことだと認識している人が多いようです。

 

 

しかし実際のところ汗をかくということはアトピーに対して
効果的とされ、皮膚科でも適度な運動をして汗をかくように指示されます。

 

 

だた汗をかいた状態をそのままにするとかゆみが増したり
湿疹がひどくなるので汗をかいた後の対策も重要となります。

 

 

ここでは汗のアトピーに対する効果と正しい汗の対処法についてお伝えします。

 

 

汗をかくことのアトピーへの効果について

 

 

汗をかくことはアトピーに対して大きく分けて
3つの効果があるとされています。

 

 

①角質層への水分供給

 

 

まず挙げられるのが角質層への水分供給です。

 

 

汗は皮膚下の汗腺と呼ばれる器官から分泌されます。
分泌された汗は皮膚の細胞間を通って毛穴から流れます。

 

 

するとその過程で細胞間や角質層に水分が
満たされることで肌の乾燥を防ぐことができます。

 

 

また水分が保持されることによって皮膚のバリア機能
高まりますのでアトピーに対してもとても効果的と言えます。

 

 

化粧水などで外側から保湿しようとしても角質層まで届かさせる
ことは難しいですが汗をかくことで内側から水分を保持できます。

 

 

②皮膚のかゆみを止める

 

 

汗というのは汗が蒸発する際の気化熱によって温度を体温調節を行っています。

 

 

つまり一般的に汗をかくことで皮膚や体温の温度が下がります。
そして体温が下がることはアトピーのかゆみを抑える効果があるのです。

 

 

※アトピーのかゆみというのは体温が37.0度の時に最も症状がひどくなるとされます。

 

 

汗をかくことでかゆみが起きていると誤解されがちですが、
それは一時的に運動によって体温が上昇したからです。

 

 

汗じたいは体温を下げてくれてアトピーのかゆみを
抑えてくれる効果があることを覚えておいてください。

 

 

③汗による抗菌作用

 

 

汗には免疫グロブリンや抗菌ペプチドという成分が含まれています。

 

 

免疫グロブリンや抗菌ペプチドは肌に浸透することによって
雑菌を殺菌させる効果があり、肌を守ってくれます。

 

 

以上のように汗をかくことはアトピーに対してメリットしかないと言えます。
アトピーの方はどんどん汗をかくようにしていきましょう。

 

 

アトピーに効く汗のかきかたと対策

 

 

汗のかきかた

 

 

汗をかく場合のおすすめですが、入浴やサウナなど
体温を集中的に上昇させるのはあまりおすすめできません。

 

 

※辛いものや熱いものを食べて汗を流すのも逆効果になります。

 

 

やはりランニングなどの運動によって汗をかくことで、血流も良くなり
自律神経も整いますのでアトピーに対しては効果的です。

 

 

運動をする際はタオルや着替えを持っておくようにしましょう。

 

 

汗をかいた後の対策

 

 

汗をかいた状態のままでいると雑菌が繁殖したり、炎症を
起こしてしまい逆効果になる場合があるので汗をかいた後の対策も非常に重要です。

 

 

これは皮膚科の先生からも言われる汗の対策法についてお伝えします。

 

 

①汗をかいた場合には休む前にシャワーを浴びるか、
キレイなタオルを濡らして、汗をすべてふきとる状態にすることです。

 

 

②そしてアトピーがある部分には汗をかいたあとに皮膚科から
処方されているステロイド軟膏があれば塗るようにしましょう。

 

※毛穴が開いているため成分が浸透しやすくなるので汗をかいた後に塗るのは効果的なのです。

 

 

これだけですので汗をかいたら、しっかりと対策するようにしてください。

 

 

ということで汗はアトピーを改善することができますので
汗をかくことを恐れず、汗をかくようにしていきましょう。

 

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ