アトピーと黄連解毒湯

黄連解毒湯のアトピーへの効果と副作用、飲み方について!

黄連解毒湯のアトピーへの効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

黄連解毒湯は一般的に、のぼせ、ほてりなどの炎症を抑えたり、高血圧による頭痛、耳鳴りにも効果的とされます。

 

 

そしてこの黄連解毒湯はアトピーにも効くとされており、
漢方を専門とする皮膚科ではアトピーに黄連解毒湯を処方することがあります。

 

 

ここでは黄連解毒湯のアトピーへの効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

黄連解毒湯のアトピーへの効果

 

 

黄連解毒湯には黄連(オウレン)、黄ごん(オウゴン)、黄柏(オウバク)、山梔子(サンシシ)の4種類の生薬が含まれています。

 

 

この中で、黄連、黄ごん、黄柏の3つがアトピーに対して効果を及ぼします。

 

 

黄ごん

 

 

黄ごんは抗アレルギー作用と抗菌作用を兼ね備えた生薬です。

 

 

抗アレルギー作用により、花粉症にも効きますし、外部の刺激を抑制させる効果があります。

 

 

抗菌作用によって黄色ブドウ球菌を殺菌させることでアトピーの症状が悪化するのを防ぐ作用があります。

 

 

黄連

 

 

黄連は抗炎症作用のある生薬です。

 

 

そのためアトピーによって起こる炎症を抑える働きがあります。およそ服用から3~4週間で炎症の症状が改善されるのがわかります。

 

 

黄柏

 

 

黄柏は整腸作用がある生薬です。腸内環境を整えることで免疫力を高める働きがあります。

 

 

また便秘に対しても効き、新陳代謝を活発にさせることによって
肌のターンオーバーを促すことによってアトピー自体が改善されていきます。

 

 

根本的にはアトピーは最低でも1か月服用することで改善されていきます。

 

 

以上の生薬により黄連解毒湯のアトピーに効いていきます。

 

 

黄連解毒湯のアトピーへの副作用

 

 

黄連解毒湯のアトピーへ使用する場合には副作用が起こる場合があります。

 

 

胃腸系:腹痛、吐き気、嘔吐、胃痛

 

皮膚系:発疹、発赤、かゆみ

 

その他:頭痛、イライラ、発熱

 

 

これらの副作用が起こる可能性があるので症状が発生したら、服用を控えるようにしましょう。

 

 

黄連解毒湯の飲み方について

 

 

アトピーを治すための黄連解毒湯の飲み方ですが、

 

 

①まず黄連解毒湯の中でも『ツムラ』の黄連解毒湯がアトピーにもより効くので、それを選びましょう。

 

 

②1日2回(1回1包)朝と夕の食前に服用していきます。

 

 

③飲むときは水かお湯に混ぜて飲んでいくようにしましょう。しっかりと水も飲み干すようにしてください。

 

 

④最低でも3週間は服用するようにするのが望ましいです。

 

 

以上が黄連解毒湯のアトピーへの飲み方です。

 

 

黄連解毒湯は温清飲や十味敗毒湯と並んでアトピーによく効く漢方として、知られるため、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ということで黄連解毒湯のアトピーへの効果と副作用、飲み方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ