タウロミンとアトピー

タウロミンのアトピーへの効果と飲み方について!

タウロミンのアトピーへの効果と飲み方について!



興和株式会社が製造しているタウロミンは湿疹、皮ふ炎、じんま疹、皮ふのかゆみ、鼻炎に対して効果的な飲み薬です。


そしてこのタウロミンはアレルギー症状やアトピーなどに対しても効果的とされています。


ここではタウロミンのアトピーへの効果と飲み方についてお伝えします。


タウロミンのアトピーへの効果



タウロミンは全部で23種類の成分が配合されていますが、その中でもセンキュウ、グルクロノラクトン、ヨクイニンがアトピーに対して非常に効きます。それぞれどのような作用があるのか解説したいと思います。


①センキュウ


センキュウは荊芥連翹湯などの漢方にも用いられる成分で肌の新陳代謝を促す作用があります。


アトピーは肌が乾燥などにより傷ついてしまっているため新陳代謝によって肌が入れ替わることでアトピーを改善させます。


②グルクロノラクトン


グルクロノラクトンは肝臓の機能を高める働きがある成分です。


肝臓機能が高まることによって血液中の老廃物を排出することで血液がクリーンになり、肌のターンオーバーが活性されます。


またアトピーの炎症の原因となっている、血中の悪玉コレステロールも排出する効果があるため、抗炎症作用によりアトピーの赤みが鎮静されます。


③ヨクイニン


そしてヨクイニンはたんぱく質・ビタミンB群・カルシウム・鉄分と肌の栄養には欠かせない成分が多く含まれた漢方の一種です。


このヨクイニンはイボに対して効果的とされますが、それは肌の老廃物を排出し、新しい肌に入れ替える作用があるためです。


またヨクイニンは保湿作用があり、またリンパ球を活性化させることで
肌のバリア機能を高めてくれるため、乾燥や外からの刺激に弱いアトピー肌に対して効果的です。


アトピーへの効き目について


タウロミンを服用することでどれくらいでアトピーに効くのかというと


・アトピーの炎症が鎮静されるのは約2~3週間とされます。

・アトピー肌じたいは約1か月で改善されはじめ、飲み続けることによってどんどん良くなっていきます。


以上のようにタウロミンにはアトピーに対して極めて高い効果があるとされます。


タウロミンの副作用



ただしタウロミンを服用中に副作用に襲われる場合があります。


特に起こる可能性のある副作用としては皮膚系では発疹・発赤、かゆみ、消化器系では吐き気・嘔吐、食欲不振、便秘などが挙げられます。


これらの副作用が生じた場合にはタウロミンの服用を控えるようにしてください。ただし用法用量を守れば副作用の心配はほとんどいらないでしょう。


タウロミンのアトピーへの飲み方について



タウロミンをアトピーを治すために飲む場合についてです。


①アトピーに対しては基本1日3回服用していきます。1回あたり12錠服用していきます。


②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲んでいくようにします。水はしっかりと飲み切るようにしましょう。


②3週間服用してもアトピーに何も効果がない場合には使用を注意してください。

以上がアトピーに対してのタウロミンの飲み方です。アトピーが改善されたら飲むのは控えるようにしましょう。



服用量が多いのがネックなのですが、他の飲み薬よりも有効成分はしっかりと配合されているので是非試してみてください。


ということでタウロミンのアトピーへの効果と飲み方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ