アトピーとキュレル

キュレルのアトピーへの効果と使い方について!

キュレルのアトピーへの効果と使い方について!

 

 

 

キュレルシリーズは花王株式会社が製造販売しており、敏感肌や乾燥肌の化粧品などが人気を博しています。薬局やドラッグストアでも売られており、40gで1700円となっております。

 

 

そしてこのキュレルの中でも潤浸保湿フェイスクリームがアトピーに対しても期待できるものがあります。

 

 

SNSや口コミサイトでもアトピーに効果があったととても評判です。ここではキュレルの保湿クリームの効果と使い方についてお伝えします。

 

 

キュレルの保湿クリームのアトピーへの効果

 

 

まずキュレルの保湿クリームの成分を見てみましょう。

 

 

抗炎症作用:アラントイン

 

その他:精製水、グリセリン、潤浸保湿セラミド機能成分、シクロジメチコン、スクワラン、トリシロキサン、ジメチコン、POE・ジメチコン共重合体、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ユーカリエキス、硫酸Mg、BG、イソステアリルグリセリルエーテル、コハク酸、水酸化ナトリウム液、パラベン

 

 

アトピーに効果的とされるのはアラントイン、潤浸保湿セラミド機能成分のふたつが挙げられます。

 

 

①アラントイン

 

 

アラントインは牛の羊膜から分泌液の中に含まれていると最初に発見され、カタツムリの粘液からとれるアラントインが美肌クリームや化粧品にも配合されるようになりました。

 

 

このアラントインは抗炎症作用のある成分です。古い角質を剥がれ落す作用を促し、替わりに新しい表皮細胞の生成を促すことができます。

 

 

これによって表面が傷ついて炎症を起こしているアトピーの症状を改善させる効果が得られます。

 

 

また抗刺激作用も持っているため外部からの乾燥や花粉などの刺激に対してダメージを受けにくくさせる効果があります。

 

 

②潤浸保湿セラミド機能成分

 

 

そしてキュレルの最大の特徴である潤浸保湿セラミド機能成分です。※潤浸保湿セラミド機能成分は花王が独自に開発されたオリジナルのセラミドです。

 

 

乾燥や敏感によってアトピーが引き起こされているのはセラミドの不足によって、肌のバリア機能が低下しているからとされます。

 

 

そこでキュレルの潤浸保湿セラミド機能成分が角質に浸透することによってバリア機能が向上することで肌の新陳代謝も正常に行われます。

 

 

すると肌の乾燥を防ぐだけでなく、アトピーの症状も改善されていきます。

 

 

その他にもキュレルの保湿クリームにはユーカリエキス、グリセリン、スクワランなどの保湿成分も含まれており、アトピーの乾燥に効いていきます。

 

 

キュレルのアトピーへの効き目

 

 

キュレルの保湿クリームが使用からどれくらいで効果があるのかというと

 

 

・肌の保湿自体は塗布後すぐに実感できるとされます。

 

・アトピーの炎症の場合、アラントインは2週間ほどで効いてきて炎症の症状が改善されていきます。

 

・セラミドが浸透してアトピー自体が改善されるのは使用から最低でも4週間はかかるとされます。

 

以上のようにキュレルはアトピーに対して効くとされます。

 

 

キュレルの副作用について

 

 

キュレルには刺激性となる成分は配合されていないので副作用はほとんど起きないとされます。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかゆみ、かぶれ、発疹、炎症などの症状が起きる場合があります。もし異常を感じたら水で洗い流して、使用は控えましょう。

 

 

基本的に敏感肌やアトピー肌の方でも問題なく使用できるので安心してください。

 

 

キュレルのアトピーへの使い方について

 

 

キュレル保湿クリームのアトピーへの使い方についてですが

 

 

①キュレルは基本的に1日2回洗顔、そして化粧水のあとにつけるようにします。体のアトピーに対しては1日1回入浴後に塗っていくようにします。

 

 

②直径約2cm(指の第一関節でひとすくいする程)をとりましょう。そしてアトピー部分や乾燥が気になる部分に伸ばしていくように塗ってください。※べたつかず、特に香りもないので非常に使いやすいと思われます。

 

 

③アトピーに対しては最低でも2週間は使用するようにしていきましょう。それでも改善されない場合にはキュレルでのアトピーケアは控えるようにしましょう。

 

 

④また使用中に成分が合わずに、刺激感や発疹、発赤を起きてしまったら使用を控えるようにしましょう。

 

以上がキュレルのアトピーへの使い方です。アトピーが改善された後も予防として塗り続けても問題ありません。

 

 

キュレルの保湿クリームは他にはないオリジナルの保湿成分が含まれるので試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ということでキュレルのアトピーへの効果と使い方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ