アトピーとオリーブオイル

オリーブオイルのアトピーへの効果と使い方!

オリーブオイルのアトピーへの効果と使い方!

 

 

 

オリーブオイルは美肌や健康に効果的とされており、一時期はテレビでよく紹介されていました。

 

 

そしてこのオリーブオイルですが食べても、スキンケアとして使ってもアトピーに対しても非常に高い効果があるとされます。

 

 

ただ使い方を誤ると悪化する可能性があるので注意しなければいけません。

 

 

ここではオリーブオイルのアトピーへの効果と使い方についてお伝えします。

 

 

オリーブオイルのアトピーへの効果

 

 

オリーブオイルがアトピーに効果的な3つの理由があります。

 

 

オレイン酸

 

 

オリーブオイルは他の植物性油よりも多くのオレイン酸が含まれています。

 

 

このオレイン酸を摂取することで血中の悪玉コレステロールを
排出する作用が働き、血液の新陳代謝を促すことができます。

 

 

この悪玉コレステロールは肌の炎症を引き起こす原因
されるので、アトピーの炎症作用を防ぐことができるとされます。

 

 

また新陳代謝も促されることで、ターンオーバーを引き起こし
アトピー肌と新しい肌が入れ替わっていきます。

 

 

ポリフェノール

 

 

オリーブオイルにはポリフェノールも多く含まれています。

 

 

このポリフェノールは活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素は肌に酸素へ供給するのを阻害します。

 

 

そのため活性酸素は肌の乾燥の原因となってしまい、
アトピーの症状を悪化させてしまうのです。

 

 

皮脂の分泌を調節する

 

 

最後にオリーブオイルは皮脂の分泌を適切に調節する働きがあります。

 

 

皮脂が過剰に分泌されて、脂性肌になっている場合には分泌を抑えます。
皮脂の分泌が少ないアトピー肌の場合には皮脂の分泌を促して乾燥を防ぎます。

 

 

以上の3つの働きによってオリーブオイルがアトピーに対して効果的とされます。

 

 

オリーブオイルでのアトピーへのケア方法

 

 

オリーブオイルをアトピーを改善させるための
使い方としては食べるのとスキンケアでの2つの使い方があります。

 

 

アトピーに使用するオリーブオイル

 

 

アトピーに対して使用するオリーブオイルは
エキストラバージンオイルを使うようにしてください。

 

 

 

 

食用でもありますし、スキンケアとしても使用できます。

 

 

絶対に古くなったオリーブオイルや添加物が
含まれているものは使用しないようにしてください。

 

 

古いオリーブオイルは酸化してしまい、肌に悪影響とされます。
また添加物が含まれていると肌が反応してかぶれなどを引き起こすので注意です。

 

 

食べる場合

 

 

オリーブオイルを食べる場合には

 

 

①1日おおさじ2杯まで食べるようにします。

 

 

②サラダにかけるのも良いのですが、サラダ油を
オリーブオイルに置き換え、調味料として使うのも効果的です。

 

※サラダ油にはリノレン酸というアトピーにはあまり
良くない成分が含まれるので控えるようにしましょう。

 

 

③3週間ほど食べ続けるようにしましょう。

 

 

アトピー改善のためのオリーブオイルを食べる場合には以上です。

 

 

スキンケアでの対策

 

 

①1日1回入浴して、洗顔をした後につかっていきます。

 

 

②オリーブオイルを小さじ1杯ほど手に取ります。

 

 

③顔全体につけるようにしていきます。

 

 

④乾燥は使い始めてから、2週間ほどで肌の乾燥が
圧倒的に改善されていきます。

 

 

以上がオリーブオイルのスキンケアとしての使い方です。

 

 

ただ肌に合わない場合には肌荒れなどを起こしてしまうので
その時は使用を中止するようにしましょう。

 

 

便秘やダイエットにも効果的なので是非試してみてはいかがでしょうか。
ということでオリーブオイルとアトピーについてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ