アトピーと肝臓

肝臓の悪化が原因?アトピーと肝臓の関係について!

肝臓の悪化が原因?アトピーと肝臓の関係について!

 

 

アトピーの症状を引き起こす原因として肝臓機能の低下が挙げられます。
また肝臓が悪い状態ですと、何をしてもアトピーのカサカサが治らないとも言われています。

 

 

ここでは肝臓がアトピーを引き起こす関係やそれに適した
アトピーの治しかたについてお伝えしたいと思います。

 

 

肝臓とアトピーの関係

 

 

肝臓機能というのはそもそも解毒作用があります。

 

 

アルコールなどは体にとっては毒素ですから肝臓が
害にならないようにアルコールを分解して解毒します。

 

 

そしてこの肝臓は脂肪も分解する作用があります。
一旦脂肪は肝臓に運ばれ水溶性にすることで全身に脂肪が運ばれます。

 

 

するとこの脂肪が皮脂となって分泌され、肌の保湿や
角質層のバリアとしての機能を担ってくれるのです。

 

 

しかし肝臓の機能が低下することによって、脂肪の分解ができなくなります。
すると脂肪を水溶性にすることができずに、肌に脂肪が供給されなくなってしまいます。

 

 

これにより皮脂が分泌されず、カサカサ肌になり、角質のバリア機能も
低下するウことでアトピーの原因、悪化につながってしまいます。

 

 

一旦肝臓が悪くなり、皮脂が分泌されないと化粧水をつけようが、
保湿クリームを塗ろうが一時的な効果はあるだけで、肌は乾燥したままになります。

 

 

ちなみに肝臓が悪化する原因としては

 

 

・アルコールの摂りすぎ

 

・睡眠不足

 

・炭水化物、糖分ばかり食べた食生活

 

 

などが挙げられます当てはまっていないか確認してみましょう。

 

 

またこれらは肝臓の機能の低下にもつながりますが、
アトピー自体の直接的な原因にもなります。

 

 

肝臓を回復させてアトピーを治す

 

 

肝臓機能を回復させない限りアトピーの症状は治まらないと
されるのでまずは肝臓機能を向上させることが大事です。

 

 

日々の生活習慣としては炭水化物、糖分、アルコールは
できるだけ控え睡眠をしっかりとることが重要とされます。

 

 

そして肝臓機能を高めるのに一番はタウリンを摂取するのが効果的です。
タウリンには胆汁の出を良くして、肝臓機能を高める効果が期待できます。

 

 

そしてアトピーの場合には牡蠣が一番効いていきます。

 

 

 

 

牡蠣には100gあたり1130mgのタウリンが含まれています。
1日に必要なタウリンは500mgですので牡蠣をおよそ2個ほど食べれば満たしてしまいます。

 

 

さらに牡蠣には亜鉛も豊富に含まれています。

 

 

亜鉛というのは皮膚が細胞分裂をする際に消費されるため
皮膚の再生には欠かせないよう栄養素です。

 

 

さらに亜鉛は活性酸素を除去する働きを持っているため
アトピーによる炎症も抑えることができます。

 

 

このように肝臓の機能が低下気味でアトピーに
悩まされている方は積極的に牡蠣を食べるようにしてください。

 

 

専門家によれば1週間に3日(1日あたり3個)牡蠣を食べて
3か月継続することでおよそ70~80%の確率で効果が得られます。

 

 

その他、生活習慣には気をつけるようにしましょう。
ということでアトピーと肝臓の関係についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ