アトピーとアルコール

アルコールはアトピーの原因になる?

アルコールはアトピーの原因になる?

 

 

アルコールはアトピーの原因になるのかということについてですが、

 

 

結論から言ってアルコールの過剰摂取はアトピーの原因、悪化につながります。

 

 

ここではアルコールがアトピーの原因になるメカニズムと
アルコールを摂取する上での注意点についてお伝えします。

 

 

アルコールがアトピーを起こす理由

 

 

アルコールがアトピーの原因になるのは主に3つ理由が挙げられます。

 

 

①かゆみが起こる

 

 

アルコールを摂取してアトピーが起こってしまう一番の理由がかゆみです。

 

 

アルコールは血管を拡張させ、血流を増やす効果が
あるのですがこれは肌のかゆみにつながってしまいます。

 

 

肌をかきむしるともちろん再生している皮膚を傷つけてしまい
そこから炎症を起こしてしまうのでアトピーの発生、悪化を起こしてしまいます。

 

 

②利尿作用

 

 

アルコールを摂取することで利尿作用が働きます。

 

 

利尿作用によって水分が排出されると肌の細胞間の
水分も不足することによって乾燥を招いてしまいます。

 

 

すると肌の乾燥はバリア機能の低下につながりアトピー肌を招いてしまいます。

 

 

③ビオチンの排出

 

 

アルコールを摂取し、分解する過程でビオチンという
ビタミンB7が大量に消費されてしまいます。

 

 

このビオチンは肌の再生ビタミンと呼ばれており、ビオチンが不足すると
ターンオーバーが促されずに古い肌のままの状態になってしまいます。

 

 

すると肌は乾燥したままどんどん古くなっていき、アトピー肌がそのまま残ってしまうのです。

 

 

またアルコール依存症にまで陥ると内臓機能の低下にもなり
老廃物が溜まることでアトピーやニキビ、便秘など様々な症状を起こすので要注意です。

 

 

以上のようにアルコールを摂取するとアトピーの原因となってしまいます。

 

 

アトピーにならないアルコールの摂取方法について

 

 

摂取量

 

 

ただ過剰に摂取せずに摂取量を守って適度に飲む場合には問題ないとされます。
アルコールの1日の目安摂取量は以下のようになります。

 

 

・ビール中ビン1本(500ml)

 

・ワイン4分の1本(180ml)

 

・缶チューハイ1.5缶分(520ml)

 

 

これらを超えて摂取してしまうとアトピーの原因になる可能性があります。
アルコール度数が高いほどアトピーの原因につながるので注意するようにしてください。

 

 

これらの範囲内でアルコールを摂取して、且つかゆみが起きない場合には
問題ありませんし、適度な飲酒はストレス解消につながります。

 

 

※この摂取目安の範囲内のアルコールを飲んでも
かゆみが出てしまう場合には控えるべきでしょう。

 

 

できればワインがおすすめ

 

 

 

 

アルコールの中でアトピーに効果的なものを挙げるとワインになります。

 

 

ワインにはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用が
あるのでアトピーに対しては非常に効果的です。

 

 

赤ワインの方がポリフェノールがたくさん含まれますが
白ワインでも大丈夫ですので、好きな方を飲みましょう。

 

 

ということでアトピーが気になる場合には摂取範囲を守って飲みましょう。
また肌がかゆくなってしまうのであればアルコールは摂取しないに限ります。

 

 

以上アトピーとアルコールについてでした。

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ