アトピーと塩素

塩素はアトピーを悪化させる!塩素を除去する方法は?

塩素はアトピーを悪化させる!塩素を除去する方法は?

 

 

塩素はアトピーを悪化させるというのはよく知られることがです。
特にアトピーの人はプールに入らないように皮膚科から指導されますね。

 

 

しかし実際には塩素はプールだけでなく水道水にも
含まれるので注意しなければいけません。

 

 

ここでは塩素がアトピーに対してどのような影響を与えるのか?
塩素が含まれるもの、塩素を除去する方法についてお伝えします。

 

 

塩素によるアトピーへの影響

 

 

塩素がなぜアトピーに悪影響を与えるのかというと、
塩素が浸透することによって汗腺が閉塞されてしまうからです。

 

 

汗腺が閉塞されることで汗がでなくなってしまい
皮膚が乾燥してしまい、アトピーが余計に悪化してしまうのです。

 

 

また塩素は酸性ですので角質層が剥がれ落としてしまう作用も働きます。

 

 

プールに入った後に、髪の毛がパサパサになったり、
肌がかさかさしてしまうのは全てこの塩素によるものなのです。

 

 

以上のように塩素はアトピーを悪影響を及ぼすとされます。
ちなみにおよそ5人に1人は塩素によってアトピーが悪化するという統計もあります。

 

 

プールだけでなく水道水にも?

 

 

一般的に塩素はプールに多く含まれているとされます。

 

 

アトピーの方は控えるように指導されますが、
実は水道水にも塩素は必ず含まれます。

 

 

また地域によってはプールの塩素の濃度よりも
濃い水道水もあるので気をつけなければいけません。

 

 

プールの酸性濃度は0.4~1.0phと決まっていますが
水道水では1.5phとプールの濃度を超えるところも挙げられています。

 

 

ですので普段のお風呂やシャワーでもアトピーが悪化する場合もあります。
特にお風呂上りに肌が赤くなるのはこの塩素によるものなので注意です。

 

 

また一般的に冷水よりも温かい水の方が塩素が遊離して刺激が増します。
さらにシャワーも塩素が遊離しやすいのでアトピーには悪影響です。

 

 

※お風呂で肌が赤くなるのは温度によるものより
実は塩素による場合の方が多いと皮膚科では言われています。

 

 

もしお風呂に入って、肌がカサカサしたり、
赤くなる場合には塩素を除去する必要があるでしょう。

 

 

塩素を除去するためには

 

 

お風呂の塩素を除去するためにはどうすればいいのかというと
ビタミンCの粉末を混ぜることが挙げられます。

 

 

 

※ネットで「ビタミンC 粉末」と検索すればでてきます。

 

 

ビタミンCを混ぜることでお風呂の中の塩素と
還元反応を起こすことによって塩素を分離させることができます。

 

 

お風呂へのビタミンCの入れ方

 

 

①お風呂を沸かして、入浴1時間前には入れておきます。

 

 

②お風呂によって水の量は違いますが、1gの粉末を入れます。
スプーンが付属されており、すりきり1杯で1gです。

 

 

これだけですので是非試してみてほしいです。

 

 

また一番風呂は塩素の影響を最も受けやすいとされます。
アトピーの人はなるべく順番を最後に入るようにする方が影響を受けにくくなります。

 

 

またアトピーに悩まれる方はできるだけシャワーを控えた方がいいでしょう。

 

 

ということでアトピーと塩素についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ