アトピーと甘いもの

甘いものはアトピーの原因になる!?

甘いものはアトピーの原因になる!?

 

 

甘いものがアトピーの原因になるのかどうかというと

 

 

結論からいって、甘いものを食べすぎてしまうと
アトピーの原因、悪化につながってしまいます。

 

 

アトピーの人があまり食べ過ぎてはいけない食べ物があります。
それが甘いものと動物性たんぱく質(お肉類)です。

 

 

ここではなぜ甘いものがアトピーの原因になるのか
そしてどのようにして食べるべきか注意点についてお伝えします。

 

 

なぜ甘いものがアトピーの原因になるのか?

 

 

甘いものがアトピーを引き起こしてしまうのは
甘いものというより砂糖が原因とされます。

 

 

なぜ砂糖がいけないのかというと2つ理由があります。

 

 

①腸内環境の悪化

 

 

砂糖を摂取すると腸内環境が悪化してしまいます。

 

 

なぜかというと砂糖は腸内の常在菌であるカンジタ菌
栄養素になってしまい、カンジタ菌が増えてしまうのです。

 

 

カンジタ菌は悪玉菌の一種であり、増えすぎると腸内環境が悪化します。
するとアレルギーを引き起こすアレルゲンを腸内で分解できなくってしまうのです。

 

 

分解されずに残ったアレルゲンは血液を通して全身の皮膚から
排出され、それがアトピーという症状となって現れます。

 

 

また動物性たんぱく質もそれ自体が悪玉菌になってしまうので
アトピーの方が摂取しすぎるのは良くないとされます。

 

 

②ビタミンB、ミネラルを減少させる

 

 

ミネラルは肌の保水性を維持する効果があり、
ビタミンBは肌の新陳代謝を高め、きれいな肌へと働きを持っています。

 

 

どちらもアトピーの予防、改善には欠かせない栄養素となりますが
砂糖を摂取することでビタミンBとミネラルを減少させてしまうのです。

 

 

砂糖を摂取するとそれがブドウ糖としてエネルギー
変換されますがその時にインシュリンが分泌されます。

 

 

そしてこのインシュリンが分泌されるときにビタミンとミネラルが消費されてしまいます。
すると肌の保湿、肌の入れ替えが不十分になりアトピーの原因になってしまうのです。

 

 

以上のふたつのことから甘いもの、特に砂糖を含んだものは
アトピーの原因となるので注意してください。

 

 

砂糖を食べるときの注意点

 

 

ではアトピーが気になる方は砂糖を食べてはいけない
かというと、多少食べる分には全く問題ありません。

 

 

逆に甘いものを食べてはいけないことを気にしすぎて
それがストレスとなって、アトピーの症状を悪化してしまいます。

 

 

1日の砂糖の摂取量

 

 

砂糖の1日の摂取量は1日25gまでとWHO(世界保健機構)で決められています。
そのため25g以内であれば、悪玉菌の増大やミネラル、ビタミンBの減少も心配いらないです。

 

 

25gを大きく超えて摂取すると影響が出る危険性があるので注意してください。

 

 

絶対に妥協したくない場合は

 

 

それでも心配な方は砂糖を一切摂取しないで
砂糖を含まないものに置き換えていきましょう。

 

 

まずケーキなどのお菓子はフルーツに替えてましょう。
フルーツは果糖ですので、心配はいりません。

 

 

そして調味料として砂糖を使うのであればオリゴ糖を使いましょう。
オリゴ糖は腸内でそのまま善玉菌になります。

 

 

 

 

便秘解消にも用いられるほど整腸効果が高く
アトピーを改善する効果も持っていますのでおすすめです。

 

 

ということで甘いものとアトピーについてでした。

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ