アトピーに効く市販のかゆみ止め

アトピーのかゆみに効く市販のかゆみ止め!

アトピーのかゆみに効く市販のかゆみ止め!

 

 

アトピーが起きているとヒスタミンというかゆみを引き起こす物質が発生して非常にかゆい状態に陥ってしまいます。

 

 

しかしこのアトピーによるかゆみは市販のかゆみ止めを塗ることでもかなり改善させることができます。

 

 

ここではアトピーのかゆみに効くおすすめの市販のかゆみ止めをランキング形式で紹介したいと思うので参考にしていただければと思います。

 

 

第3位 白色ワセリン

 

 

 

 

会社:健栄製薬株式会社

 

成分:白色ワセリン

 

値段:約200円(50g)

 

副作用:かぶれ、発赤、刺激感

 

 

白色ワセリンは石油から抽出した保湿軟膏です。皮膚科でアトピーやかゆみなどには白色ワセリンが処方されていきます。

 

 

1日数回かゆみがある部分に塗るだけですので非常に簡単です。
またかゆみだけでなく、潤いを促しバリア機能を高めるためアトピーそのものにも効きます。

 

 

3位ですが非常におすすめです。ただ市販されているところが限られています。
もしどうしても使いたい場合には皮膚科で処方してもらいましょう。

 

 

2位 オロナイン

 

 

 

 

会社:大塚製薬株式会社

 

成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

値段:約650円(100g)

 

副作用:発赤、発疹、腫れ

 

 

アトピーのかゆみに効くおすすめの市販のかゆみ止め2位はオロナインです。

 

 

オロナインに含まれるクロルヘキシジングルコン酸塩液がかゆみに効いていきます。
またこのクロルヘキシジングルコン酸塩液は殺菌性もあり黄色ブドウ球菌も殺菌します。

 

 

黄色ブドウ球菌はアトピーのケロイド状態にしてしまうので
オロナインを塗ることでそれを防ぐことができます。

 

 

またオロナインにはグリセリンやオリブ油が含まれているため
アトピーの粉吹きや乾燥肌に対しても効いていきます。

 

 

白色ワセリン、オロナインどちらもアトピーのかゆみに有効ですが
アトピーの黄色ブドウ球菌を殺菌できることでオロナインを2位にしました。

 

 

薬局やドラッグストアではほぼ置いてありますし、家庭にも
1個置いてあるかと思うので是非試してみてください。

 

 

1位 メンソレータムAD

 

 

会社:ロート製薬株式会社

 

成分:クロタミトン、リドカイン、ジフェンヒドラミン

 

値段:約1070円(145g)

 

副作用:発赤、発疹、刺激感、腫れ、かぶれ

 

 

アトピーのかゆみに効く市販のかゆみ止め1位はメンソレータムad軟膏です。
かゆみを治したいならば、一番効くといっても過言ではないでしょう。

 

 

クロタミトン、リドカイン、ジフェンヒドラミンの3つの成分がかゆみを抑えます。

 

 

①具体的にはクロタミトンはお湯などに浸かるとかゆくなる
温感作用によるかゆみを抑えます。

 

 

②リドカインはかゆみと感じる神経に直接作用してかゆみをおさえます。

 

 

③ジフェンヒドラミンはかゆみの原因であるヒスタミンという
物質を鎮静させる抗ヒスタミン作用によりアトピーのかゆみを抑えます。

 

 

以上のようにかゆみに対して様々な角度から効果をもたらしてくれます。
効き目としては早いと1~2日、遅くとも5日以内には効いていきます。

 

 

顔や体のアトピーによるかゆみが発生した時に塗っていくようにしましょう。
ただ副作用が起きたら使用を控えるようにしましょう。

 

 

ということでアトピーのかゆみに効く市販のかゆみ止めでした。

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ