ベトネベートN軟膏とアトピー

ベトネベートN軟膏のアトピーへの効果と副作用、塗り方!

ベトネベートN軟膏のアトピーへの効果と副作用、塗り方!

 

ベトネベートN軟膏は第一三共ヘルスケアが製造している塗り薬で、やけど、化膿、皮膚炎などに効果的です。薬局やドラッグストアでも売られており、値段は1本1050円となります。

 

 

中身は透明なジェルとなっており、匂いはありませんが、若干べたついてしまいます。そしてこのベトネベートN軟膏はアトピーに対しても効果があるとされます。

 

 

ここではベトネベートN軟膏のアトピーへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

ベトネベートN軟膏のアトピーへの効果

 

 

ベトネベートN軟膏には有効成分としてベタメタゾン吉草酸エステルとフラジオマイシン硫酸塩の2つが配合されています。それぞれがどのようにアトピーに効くのか解説したいと思います。

 

 

①ベタメタゾン吉草酸エステル

 

 

ベタメタゾン吉草酸エステルはステロイドの一種となっています。このベタメタゾン吉草酸エステルが浸透すると皮膚ホルモンのコルチゾルと同じ働きをします。

 

 

具体的には皮膚の代謝を向上させて、さらにアトピー肌で弱った肌の免疫力を向上させます。さらに抗炎症作用が得られます。

 

 

そのためベトネベートN軟膏を塗ることによって、アトピーの炎症を抑えることができます。

 

 

またステロイドには1群(最強)~5群(最弱)の強さに分かれていますが、このベトネベートN軟膏は3群に分けられています。これは市販のステロイド薬の中でも最も強いとされます。

 

 

そのため、アトピーの炎症を鎮めるのにベトネベートN軟膏は最も効き目が期待できる市販薬と言えるでしょう。

 

 

②フラジオマイシン硫酸塩

 

 

フラジオマイシン硫酸塩は抗生物質の一種となります。このフラジオマイシン硫酸塩が浸透すると細菌がタンパク質と結びついて繁殖するのを防ぎ、殺菌します。

 

 

そしてその中で、黄色ブドウ球菌を殺菌することができます。この黄色ブドウ球菌はケロイド状のアトピーの原因なため、ベトネベートN軟膏はケロイドのアトピーにも効きます。

 

 

その他にも背中ニキビの原因となるマラセチア菌、ニキビの原因となるアクネ菌も殺菌できるためあらゆる症状に効くとされます。

 

 

以上のようにベトネベートN軟膏はアトピーに対して効果的となります。

 

 

ベトネベートN軟膏のアトピーへの効き目

 

 

ベトネベートN軟膏でアトピーを治す場合の効き目としては

 

・アトピーの炎症に対してはおよそ1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・ケロイド状のアトピーに対してはおよそ2週間ほどで治っていきます。

 

以上のようにアトピーに対して効いていきます。肌が乾燥してしまうので、化粧水や保湿クリームと併用するようにしましょう。

 

 

ベトネベートN軟膏の副作用について

 

 

ベトネベートN軟膏には抗生物質とステロイドが配合されているので、副作用が起こえます。

 

 

特に皮膚のかぶれ、発疹、炎症、かゆみ、刺激感などの副作用が生じる可能性があります。もし副作用が生じたら水で洗い流して使用は控えましょう。

 

 

またステロイドは長期的に使用することによって、皮膚が耐えられず皮膚萎縮を起こしてしまうのです。皮膚委縮は皮膚のシワ、シミなどが生じてしまいます。

 

 

もしアトピーに使用する場合には効果があったとしても2か月以上は原則使わないようにしましょう。あとは用法用量をしっかりと守るようにしましょう↓

 

 

ベトネベートN軟膏のアトピーへの塗り方について

 

 

ベトネベートN軟膏でアトピーを治す場合の塗り方についてですが、

 

①アトピーに対して塗る場合には1日2回朝と夜の洗顔に塗るようにしましょう。化粧水や保湿クリームを使っている方はそれらを使った後に塗りましょう。

 

 

また体のアトピーに塗る場合には1日1回入浴後に塗るようにしていきます。

 

 

②ベトネベートN軟膏はそのまま手に取って、アトピー部分にのみ薄くなじませながら塗るようにしていきます。たくさん塗っても、浸透する成分は一定なので、塗りすぎても良いことはないです。

 

 

③ベトネベートN軟膏を塗ったら後は何もしなくても大丈夫です。下手に触ったりかかないようにしましょう。

 

 

④アトピーに対しては最低2週間塗るようにしていきましょう。効果があれば続行していきます。

 

 

⑤ただし効果があったとしても2か月以上は使わないようにしましょう。

 

以上のようにベトネベートN軟膏はニキビに対して使っていきます。

 

 

ベトネベートN軟膏は市販の薬の中で、最も抗炎症作用が強くておすすめと言えます。

 

 

ということでベトネベートN軟膏のアトピーへの効果と副作用、塗り方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ