ビーソフテンローションとアトピー

ビーソフテンローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方!

ビーソフテンローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方!

 

 

 

ビーソフテンローションは持田製薬株式会社が製造している乾燥や粉吹き肌などに効く保湿ローションです。中身は透明な液体で、匂いやべたつきはなくさっぱりとしています。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、皮膚科で処方してもらう必要があります。値段は1mlあたり11.9円となっています。

 

 

そしてこのビーソフテンローションはアトピーに対しても効果があるとされます。ここではビーソフテンローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

ビーソフテンローションのアトピーへの効果

 

 

ビーソフテンローションには有効成分としてヘパリン類似物質が配合されています。このヘパリン類似物質が浸透すると、免疫細胞であるヘパリンと同じ働きをします。

 

 

すると3つの働きが促されて、アトピーに対して効いていきます。それぞれの働きを簡単に解説します。

 

 

①保湿成分

 

 

ビーソフテンローションを塗ってヘパリン類似物質が浸透することで、肌の細胞間の水分を維持させることができます。すると肌の内側から保湿され、肌のバリア機能を向上させることができます。

 

 

すると乾燥や花粉などのダメージから守り、アトピーによる粉吹き肌や落屑を改善させることができます。

 

 

②抗炎症作用

 

 

そしてヘパリン類似物質は免疫細胞であり、アトピーの炎症の元であるヒスタミンを阻害します。それによって抗炎症作用が働き、アトピーの炎症を鎮静させることができます。

 

 

またヒスタミンはかゆみ成分の元でもあるので、アトピーによるムズムズとしたかゆみを抑えることができます。

 

 

③新陳代謝の活性化

 

 

さらにヘパリン類似物質は毛細血管の働きを強めることで、血液の流れを促して、肌の新陳代謝を促します。

 

 

すると肌のターンオーバーが促されていき、アトピー肌そのものが改善されていきます。その他にもニキビ跡やシミ、そばかすなどあらゆる症状に効いていきます。

 

 

以上のようにビーソフテンローションはアトピーに対して効いていきます。※ヘパリン類似物質だけで様々な作用が得られてしまいます。

 

 

ビーソフテンローションのアトピーへの効き目

 

 

ビーソフテンローションを使うことでどれくらいでアトピーに効くのかというと

 

・アトピーによる落屑、粉吹き肌には使用からおよそ2~3日ほどで改善されていきます。

 

・アトピーによる炎症はおよそ1~2週間塗ることによって鎮静されはじめます。

 

・アトピー肌そのものはおよそ3~4週間使用することによって改善されていきます。

 

以上のようにビーソフテンローションはアトピーに対して効いていきます。ただし殺菌作用はないため、アトピーのケロイドを引き起こす黄色ブドウ球菌は残ったままとなります。

 

 

ビーソフテンローションの副作用について

 

 

ビーソフテンローションに含まれるヘパリン類似物質は安全性の高い成分なので、副作用はほとんど起きません。

 

 

ただし稀にですが皮膚のかゆみ、発疹、炎症、かぶれなどの症状が起きる場合があります。もし起こった場合には使用は控えましょう。

 

 

基本的にビーソフテンローションは敏感肌でも問題なく使用することができるので心配はいらないでしょう。

 

 

ビーソフテンローションのアトピーへの塗り方

 

 

ビーソフテンローションでアトピーを治す場合の塗り方についてですが、

 

 

①ビーソフテンローションは基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗っていきます。化粧水として使って大丈夫です。

 

体のアトピーに対しては1日1回入浴後に塗るようにしていくようにします。

 

 

②ビーソフテンローションはそのまま手にとって、顔全体を覆うように塗っていきます。

 

 

③アトピーに塗った後はそのまま放置します。ただし違和感を感じたら、水で洗い流しましょう。また塗布後にアトピー用の塗り薬を塗っても構いません。

 

 

④アトピーに対してであれば、最低でも3週間は使いましょう。それでも改善がみられなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにビーソフテンローションはアトピーに使っていきます。アトピーが改善された後はアトピーの予防や保湿ローションとしてビーソフテンローションを使い続けることができます。

 

 

ビーソフテンローションは皮膚科で処方されますが、ビーソフテンローションはヒルドイドローションのジェネリック薬品です。ですので実際には先発品であるヒルドイドローションの方が処方されやすいです。

 

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:ヘパリン類似物質

 

薬価:1mlあたり43円

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗る

 

ただし配合成分は同じなので、アトピーに対しての効き目は同じとされます。

 

 

ヘパリン類似物質は化粧品には配合されていない保湿成分なのでアトピー肌には1度試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ということでビーソフテンローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ