アトピーとヒルドイドローション

ヒルドイドローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方!

ヒルドイドローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方!

 

ヒルドイドローションはマルホ株式会社が製造している、皮膚科で処方される保湿ローションです。薬価は1mlあたり43円となっています。

 

 

このヒルドイドローションは粉吹き肌、乾燥肌、肌荒れに対して効果的ですが、アトピーに対しても有効とされます。

 

 

ここではヒルドイドローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ヒルドイドローションのアトピーへの効果について

 

 

ヒルドイドローションには有効成分としてヘパリン類似物質が配合されています。このヘパリン類似物質が浸透すると皮膚の免疫細胞であるヘパリンと同じ働きを促します。

 

 

具体的には3つの作用があるので、それぞれ解説したいと思います。

 

 

①保湿作用

 

 

ヘパリン類似物質が浸透すると肌の細胞間の水分を維持させることができます。肌の内側から保湿されることでバリア機能が向上して、乾燥や花粉などから守ることができます。

 

 

肌の保湿をされることでアトピーによる落屑や粉吹き肌を改善させることができます。

 

 

②抗炎症作用

 

 

またヘパリン類似物質は毛細血管の働きを強くすることによって抗炎症作用が得られ、アトピーによる炎症を鎮める働きを持っています。※その他にも肌荒れやニキビによる赤みも鎮静することができます。

 

 

③新陳代謝の活性化

 

 

そしてヒルドイドローションを塗ると肌細胞の働きを活発にして、肌の新陳代謝が活性化されます。すると肌のターンオーバーが促されて、アトピーそのものが改善されていきます。

 

 

以上のようにヒルドイドローションを塗ることによってアトピーを改善させることができます。

 

 

ヒルドイドローションのアトピーへの効き目について

 

ヒルドイドローションを塗ることによってどれくらいでアトピーに対して効いてくるのかというと

 

・アトピーによる肌のかさつきや粉吹き肌えあればおよそ2~3日で改善されていきます。

 

・アトピーによる炎症であれば、およそ1~2週間ほどで改善されていきます。

 

・アトピー肌そのものであれば肌のターンオーバーが促される3~4週間後には改善されていきます。

 

以上のようにヒルドイドローションはアトピーに対して効いていきます。アトピー用の薬を使えばさらに治りが早くなるでしょう。

 

 

ヒルドイドローションの副作用について

 

 

ヒルドイドローションに含まれるヘパリン類似物質は肌に安全な成分であり、副作用が起こることはありません。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかゆみ、発疹、炎症などの症状が起こる場合があります。もし副作用が生じたらヒルドイドローションでのアトピーケアは控えるようにしましょう。

 

 

基本的に副作用の報告例はほとんどないので副作用の心配はいらないでしょう。

 

 

ヒルドイドローションでアトピーを治す方法について

 

 

ヒルドイドローションでアトピーを治す場合の塗り方についてですが、

 

①基本的に顔のアトピーに対してはヒルドイドローションは1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにします。化粧水として兼ねても問題ありません。

 

 

体のアトピーに対して塗る場合には1日1回入浴後に塗るようにしていきましょう。

 

 

②ヒルドイドローションはそのまま手のひらにとりましょう。透明な液体で匂いやべたつきなどはありません。

 

 

③顔全体に手で覆うようにして塗っていきます、アトピー部分には少し多めに塗るようにします。

 

 

④アトピー部分に塗ったら、その後にアトピー用の塗り薬を塗ってもかまいません。もし違和感を感じた場合には使用は控えるようにしましょう。

 

 

⑤アトピーに対しては最低でも3週間は塗り続けるようにしましょう。それでも効果がなければ使用は控えるようにしましょう。

 

以上のようにアトピーに対してヒルドイドローションは使っていくようにします。アトピーが治った後も予防としてヒルドイドローションを塗ってもかまいません。

 

 

ヒルドイドローションに含まれるヘパリン類似物質は非常に優秀ですので試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ヘパリン類似物質を配合した市販薬

 

 

ヒルドイドローションの有効成分であるヘパリン類似物質を配合した市販薬というのものがあります。それは小林製薬のアットノンです。

 

 

会社:小林製薬

 

有効成分:ヘパリン類似物質

 

値段:1本(15g)で1404円

 

用法用量;1日2回朝と夜の洗顔後にアトピー部分に塗る

 

市販のアットノンであれば皮膚科を受診せずともヘパリン類似物質を試すことができて、アトピーに対して同じ効き目が得られますのでおすすめです。

 

 

ということでヒルドイドローションのアトピーへの効果と副作用、塗り方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ