アトピーと天使の美肌水

天使の美肌水のアトピーへの効果と副作用、使い方!

天使の美肌水のアトピーへの効果と副作用、使い方!

 

 

天使の美肌水は敏感肌や赤ちゃんでも使うことができる肌にやさしい化粧水です。余計な添加物は配合されていません。

 

 

天使の美肌水の中身は透明な液体でほとんど水に近いです。※1本(310ml)で730円で薬局やドラッグストアなどで売られています。

 

 

そしてこの天使の美肌水はアトピー治療に用いられる成分が含まれるため、赤ちゃんのアトピーにも使える化粧水として非常に人気です。

 

 

ここでは天使の美肌水のアトピーへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

天使の美肌水のアトピーへの効果

 

 

天使の美肌水には有効成分としてグリセリン、尿素が配合されています。他の余計な成分は含まれておりません。

 

 

①グリセリン

 

 

グリセリンというのは海藻から抽出された天然保湿成分のことです。肌に浸透することによって、肌の表面に膜をはるような形で皮膚を保護します。

 

 

乾燥はもちろん、花粉、ハウスダストなどから皮膚を守り、肌の水分を閉じ込めることで保湿効果を持続することができます。

 

 

②尿素

 

 

尿素というのは汗にも含まれている天然保湿成分のひとつです。具体的な名称としてはNMF(天然保湿因子)の一種です。

 

 

尿素は汗と同じような自然に肌を保湿することで、アトピー肌から普通肌へと変わっていきます。尿素による保湿治療は皮膚科でも取り入られています。

 

 

皮膚の角質はケラチンというタンパク質からできていますが、アトピー肌はこのケラチンが凝固して皮膚が固くなってしまっています。すると汗や皮脂も表面に分泌されにくくなってしまいます。

 

 

しかし尿素が浸透することによって、固くなったケラチンを分解するという独自の作用によって、皮膚を柔らかくすることができます。これにより体質から汗も皮脂も表面に分泌されるようになりアトピーが改善されます。

 

 

このように天使の美肌水はアトピーに対して効果があるとされます。ただし天使の美肌水には抗炎症作用や殺菌作用など薬用作用はないです。

 

 

天使の美肌水のアトピーへの効き目

 

 

天使の美肌水でアトピーに塗ることでどれくらいで効くのかというと

 

・グリセリンによってすぐに肌がしっとりと保湿されていきます。

 

・また尿素によって肌が柔らかくなるのは1週間ほどじっくり使う必要があります。

 

以上のように天使の美肌水はアトピーに対して効いていきます。しかしケロイドのアトピーやアトピーの炎症に対しては直接は効きません。

 

 

もし余裕があれば、天使の美肌水と併用してアトピー用の塗り薬を塗るようにしていきましょう。

 

 

天使の美肌水をアトピーへの使い方について

 

 

天使の美肌水でアトピーをケアしていく場合の使い方について解説したいと思います。

 

 

①顔のアトピーに対しては1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。体のアトピーに対しては1日1回入浴後に塗るようにしていきます。

 

 

②そのまま手に取って、包み込むように顔全体に塗るようにしていきます。30~60秒ほど包み込むように塗っていきます。

 

 

③天使の美肌水を塗った後は、余裕があればアトピー用の塗り薬を塗っても構いません。

 

 

④アトピーに対しては最低でも1週間は使っていきましょう。もし何も変化を感じなければ、それ以上の効果は望めないでしょう。

 

以上のように天使の美肌水はアトピーに対して使うようにしていきます。アトピーが治った後も天使の美肌水は使用し続けて構いません。

 

 

基本的に尿素とグリセリンしか配合されていないため、肌にやさしく副作用が生じることはほとんどありません。赤ちゃんでも問題なく使用できます。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかぶれ、発疹、炎症などが生じるため副作用が生じることはないとされます。その場合には水で洗い落して使用は控えましょう。

 

 

天使の美肌水はアトピー治療に用いられる尿素を配合した数少ない化粧水なので試してみる価値は大いにありますね。

 

 

ということで天使の美肌水のアトピーへの効果と副作用、使い方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ