アトピーと豆乳イソフラボン

豆乳イソフラボンのアトピーへの効果と副作用、使い方!

豆乳イソフラボンのアトピーへの効果と副作用、使い方!

 

 

豆乳イソフラボンは常盤薬品工業が製造している保湿用化粧品シリーズです。特に化粧水や肌荒れや乾燥、ニキビにも効くとして人気ですね。値段は200ml入りで972円となっています。

 

 

そしてこの豆乳イソフラボンの化粧水はアトピーに対して効果があるとされます。特に女性のアトピーに対して効果的と言えますね

 

 

ここでは豆乳イソフラボンのアトピーへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

豆乳イソフラボンはなぜアトピーに効果があるのか?

 

 

豆乳イソフラボンには豆乳発酵液、ダイズエキス、ダイズタンパクの3つが配合されています。これらの成分がどのようにアトピーに効くのか解説します。

 

 

①豆乳発酵液

 

 

豆乳発酵液には大豆イソフラボンが含まれています。この大豆イソフラボンは肌に浸透すると黄体ホルモンとのバランスを保つ働きを持っています。

 

 

特に生理前になると黄体ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝が停滞して肌が乾燥してアトピーが悪化してしまいます。

 

 

しかし豆乳イソフラボンによって、バランスが保ちアトピー肌を改善させることができます。これは他の化粧水にない効果で豆乳イソフラボンの独自のものと言えますね。

 

 

②ダイズエキス

 

 

ダイズエキスはその名の通り大豆から抽出された成分のことです。このダイズエキスには天然の植物コラーゲンが含まれます。

 

 

そのため豆乳イソフラボンを塗ると分子が大きく植物コラーゲンが肌の膜となって覆います。すると肌の水分を外側から保持させて、さらにアトピーによってガサガサになって傷ついた細胞を修復させることができます。

 

 

③ダイズタンパク

 

 

ダイズタンパクは大豆に含まれるタンパク質のことでダイズエキスとは違い、分子が小さいため、肌の奥まで浸透することができます。

 

 

そして肌の内側から保湿することができます。また皮膚のバリア機能を高め、花粉や乾燥、ハウスダストから肌を守り、アトピーの悪化を防ぎます。

 

 

以上のように豆乳イソフラボンは独自の効果によってアトピーをケアすることができるとされます。

 

 

豆乳イソフラボンのアトピーへの効き目

 

 

豆乳イソフラボンをアトピーに使用することによって、どれくらい効いてくるのかというと

 

・大豆イソフラボンによってアトピー肌はおよそ2週間ほどで改善されていきます。

 

・ダイズエキスやダイズタンパクによってアトピーの乾燥やガサガサは2~3日で改善することができます。

 

以上のようにアトピーに対して効いていきます。ただし抗炎症作用や殺菌作用はありませんので中止するようにしてください。

 

 

ですがアトピー用の塗り薬と併用することができますので、抗炎症作用や殺菌作用の薬と一緒に使うのがよいでしょう。

 

 

豆乳イソフラボンの副作用について

 

 

豆乳イソフラボンには薬用成分は含まれないので副作用が起こることはほとんどありません。

 

 

ただし稀にですが皮膚のかぶれ、発疹、炎症などの症状が起こる可能性があります。もし副作用が生じたら水で洗い流すようにしましょう。

 

 

基本的に安全性は高く、アトピー肌や敏感肌の方が使っても問題ありません。

 

 

豆乳イソフラボンでアトピーを治す場合の塗り方について

 

 

豆乳イソフラボンでアトピーを治す場合の塗り方についてですが、

 

 

①豆乳イソフラボンをアトピーに使う場合には1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきましょう。体のアトピーに対しては1日1回入浴後、タオルで体を拭いた後に使っていきましょう。

 

 

②そのまま手に取って、顔全体に顔を覆うようにしてやさしくつけていきます。

 

 

中身はこのように若干白く濁っていますが、若干とろみがあって、べたつくこともなく使いやすいとされます。つけてすぐに肌がしっとりするのが感じられます。

 

 

③豆乳イソフラボンを塗った後は余裕があれば、薬を塗っても構いません。

 

 

④アトピーに対しては最低でも2週間は使うようにしていきましょう。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のように豆乳イソフラボンはアトピーに対して使うようにしていきます。アトピーが治った後も予防として使い続けることができます。

 

 

豆乳イソフラボンは特有の効果があり、特に女性のアトピーにはとても効果的なので試してみる価値は大いにありますね!※男性のアトピーに対しても効果があります。

 

 

ということで豆乳イソフラボンはアトピーへの効果と副作用、使い方についてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ