アトピーとアレルケア

アレルケアのアトピーへの効果と服用法について!

アレルケアのアトピーへの効果と飲み方について!

 

 

 

アレルケアはカルピス社が製造販売している敏感肌やアレルギー、乾燥肌に対して効果があるとされる乳酸菌です。

 

 

 

 

ちなみに中身はこのようになっており、ブドウ糖の飴のような感じです。そのままかじってもおいしく食べることができます。

 

 

そしてこのアレルケアはアトピーに対しても効果があるとされ、医療機関の研究でもアトピーに有効だと実証されています。※口コミでもかなりの方が改善報告されています。

 

 

ここではアレルケアのアトピーへの効果と副作用、そしてアトピーを治すための飲み方についてお伝えします。

 

 

アレルケアのアトピーへの効果

 

 

アレルケアはカルピス社が独自に開発された乳酸菌のL-92乳酸菌がアトピーに対して効果的とされます。

 

 

このL-92乳酸菌は牛乳やヨーグルトなどの一般的な
食べ物から摂取することができない乳酸菌となっています。

 

 

通常の乳酸菌は整腸作用があり、腸内環境を整えますが、
L-92乳酸菌はそれだけではなく、抗アレルギー作用がある乳酸菌なのです。

 

 

そのためアレルケアは整腸作用と抗アレルギー作用のふたつから
アトピーを改善させる効果を持っています。

 

 

臨床実験の結果

 

 

またアレルケアのL-92が実際にアトピーに効果的なのか
臨床実験を行ったところアトピーに有効だと分かり、論文も発表されました。

 

 

①18歳~54歳のアトピー患者24名にL-92乳酸菌を摂取させたところ、8週間後には
80%の方がアトピーの症状が改善されたとされます。

 

 

②1歳~12歳のアトピー性皮膚炎児24名にL-92乳酸菌を摂取させたところ
8週間後には7割近くが改善されたと報告されました。

 

 

またアトピーの原因とされるTARC(アレルギー物質)の上昇も抑えられた
ことからアレルギーを抑える効果も分かりました。

 

 

このようにアレルケアに含まれるL-92乳酸菌は大人や子供の
アトピー両方に対して効き目があるとされています。

 

 

症状としては摂取し始めてから1週間後には効果が
感じられるので即効性も高いことが分かります。

 

 

アレルケアの副作用について

 

 

アレルケアには副作用はありません。
アトピーやアレルギーを持つ方でも安心して服用することができます。

 

 

ただ万が一、健康状態が優れなかったり、体調が悪化した場合には
アレルケアを服用するのを控えるようにしましょう。

 

 

また妊娠中や授乳期の服用は控えるように明言されています。

 

 

アレルケアのアトピーへの食べ方

 

 

アレルケアでアトピーを治す場合の飲み方についてですが

 

 

①1日2錠食後に食べるようにします。

 

 

②食べ方はそのまま飴のように食べてもいいし、
水と一緒に服用するにしてもいいです。

 

 

③食べてから1週間後には効果が感じられていきます。
実験では8週間食べ続けるとほとんど改善されていきました。

 

 

④ただ4週間食べ続けても効果がない場合には控えるようにしましょう。

 

 

以上がアレルケアのアトピーへの食べ方です。
非常に簡単に摂取することができるのもメリットです。

 

 

様々な乳酸菌がありますがアレルケアのL-92乳酸菌は医学的にも効果があると実証されています。

 

 

ヨーグルトなど食べ物には決してには含まれない乳酸菌ですので
まずはアレルケアを試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ということでアレルケアとアトピーについてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ