アトピーと牛乳

牛乳がアトピーを悪化させる!?

牛乳がアトピーを悪化させる!?

 

牛乳を飲むことによってアトピーが実は悪化するとされています。
※特に男性が牛乳を飲むとアトピーが悪化しやすい傾向にあります。

 

 

皮膚科でも薬を渡すだけでなく、しっかりと食生活のアドバイスを
頂ける先生であれば牛乳を控えるように指示されています。

 

 

ここでは牛乳がなぜアトピーに悪化させるのか、逆に何を摂取すればいいのかお伝えします。

 

 

①乳糖が溜まりやすい

 

 

牛乳は乳糖という成分が含まれますが、基本的に日本人というのは乳糖を分解する酵素を持ち合わせていません。

 

 

すると乳糖が溜まりやすくなってしまい、腸管に溜まってしまうのです。腸壁に浸透圧がかかり水分が流れ込んで下痢などを引き起こし、腸内にも悪影響を与えます。

 

 

※牛乳を飲むとお腹を壊してしまうのもこの乳糖が溜まることによって起こります。

 

 

腸は免疫をつかさどる器官ですので、腸が悪化すると肌の免疫力も低下してアトピーや肌荒れが悪化します。

 

 

②プロゲステロンが多量に含まれる

 

 

牛乳にはプロテスゲロン(黄体ホルモン)がたくさん含まれます。このプロテスゲロンがたくさん摂取することでTh2細胞が増えます。

 

 

Th2細胞はアレルギーを起こす細胞であり、特に男性は強く反応しやすく、アトピーの症状も悪化させてしまう原因となります。

 

 

だから牛乳を飲むと男性の方がアトピーになりやすくなるということなんです。。

 

 

③カルシウムをうまく吸収できない

 

 

牛乳と言えばカルシウムを摂取することができるということから子供の時からたくさん飲むように促されたと思います。

 

 

しかし牛乳はカルシウムとマグネシウムのバランスが悪く
消化吸収をうまく摂取できないとされています。

 

 

それを裏付けるように牛乳の消費量が多い国ほど
骨粗しょう症を引き起こしているというデータがあります。

 

 

また牛乳貧血というものに陥り、鉄、マンガン、亜鉛などの
栄養素の吸収も阻害してしまうとされています。

 

 

以上のように牛乳をアトピーに対して悪影響を与えるとされます。

 

 

基本的に皮膚科医はアトピー患者に牛乳は
控えるように言われるので飲まないようにしましょう。

 

 

ヨーグルトも控えるべき

 

 

また牛乳から作られているヨーグルトも実はあまり良いとはされません。
確かに乳酸菌は腸内環境を整えますが、逆に牛乳と同様に悪影響を与えることもあるからです。

 

 

ですのでアトピーの方はヨーグルトも控えるにするべきとされます。

 

 

牛乳ではなく何を摂取すればよいのか

 

 

牛乳やヨーグルトの中でもカルシウムと乳酸菌は
アトピーを改善させる大きな効果を持っているとされます。

 

 

ですのでカルシウムと乳酸菌を両方しっかり摂取できるものを食していきましょう。
皮膚科では小魚と野菜を食べるように言われます。

 

 

特に乳酸菌やカルシウムの両方を摂取できる漬物を食べるのがおすすめです。

 

 

腸内環境は乳酸菌だけでなく、オリゴ糖を食べることでも
今は整えることができるので、オリゴ糖を摂取するのもおすすめです。

 

 

ということでなるべく牛乳、そしてヨーグルトはアトピーを悪化させて
しまうので控えるようにしましょう。特にお腹を壊してしまう人は絶対に避けるべきでしょう。

 

 

ということで牛乳とアトピーについてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ