アトピーと柿の葉茶

柿の葉茶のアトピーへの効果と飲み方について!

柿の葉茶のアトピーへの効果と飲み方について!

 

 

柿の葉茶はもともと、シミを消す、血圧低下、便秘解消、などなど様々な効果があるとされるお茶です。

 

 

また柿の葉茶はアトピーに対して非常に効果的とされます。特にアトピーによるかゆみにはよく効くとされています。

 

 

ここでは柿の葉茶のアトピーへの効果と飲み方についてお伝えします。

 

 

柿の葉茶のアトピーへの効果

 

 

柿の葉茶がなぜアトピーに効果的かとされるのはアストラガリンとビタミンCによるものです。

 

 

①アストラガリン

 

 

アストラガリンは柿の葉茶、ハトムギ茶などに含まれる成分です。

 

 

このアストラガリンはアレルギーを抑制させる作用があり花粉症などに対して効果的とされています。

 

 

またアトピーのかゆみの原因であるヒスタミンも除去する抗ヒスタミン作用もあることからかゆみにも効いていくとされます。

 

 

このアストラガリンによっておよそ2~3週間ほどでかゆみが改善されるとされ、実際に飲んだ方も1か月以内には効果を実感しています。

 

 

②ビタミンC

 

 

柿の葉茶にはビタミンCが豊富に含まれています。なんとレモンに含まれるビタミンCの20倍以上も含まれます。

 

 

このビタミンCは肌の水分を保持させる作用があるため、アトピーの原因である乾燥肌を改善するのに必要不可欠とされます。

 

 

ただビタミンCは熱に弱く、お茶のように温かくして飲んでしまうとほとんどのビタミンCが死滅してしまうとされます。

 

 

しかし柿の葉茶に含まれる、ビタミンCはプロビタミンと呼ばれる特殊なビタミンCで熱に対して耐性があります。

 

 

そのためお茶として温めて飲んでもビタミンCが死滅することなく、しっかりと届けられ、ビタミンCが肌に対して働きかけます。

 

 

ということで柿の葉茶を飲むことによって、このふたつの成分が作用することによって、アトピーに対して効いていきます。

 

 

柿の葉茶のアトピーへの飲み方について

 

 

柿の葉茶をアトピーに対してどのように飲めばいいのかというと

 

 

①まずティーバッグタイプの柿の葉茶を買ってきて、ティーバッグ(4g)に1リットルのお湯を注ぎます。

 

 

②そして1日最低でも200mlを飲むようにします。ただし500mlは飲みすぎですので注意してください。

 

 

③最低でも1か月は飲み続けるようにしましょう。それでも改善されなければ使用は控えるようにしましょう。

 

柿の葉茶はアトピーにはこのように飲んでいきます。アトピーが改善された後も飲み続けることで

 

 

アトピーに効くお茶としては非常に効果的ですし、柿の葉茶は苦みも臭みもなく、さらにノンカフェインですのでとても飲みやすいのでおすすめです。

 

 

ということで柿の葉茶とアトピーについてでした

医療化粧品でここまでアトピーは改善できる!

⇒アトピーに効く化粧品おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ